Tuesday, November 30, 2021

I'm a Cat

I'm a Cat

『吾輩は猫である』は言わずと知れた明治の文豪、夏目漱石の傑作。主人公の猫の視点から浅はかな人間世界を描いたカリカチュアだ。

英語のタイトルは “I'm a cat." まあそのまんまなんだけど、これで言い得ているかなーというとちょっと微妙。猫のあの高慢さ、上から目線な感じは「吾輩」と自らを称するところに集約されていると思いませんか? それがI'm a cat. になるとペーソスよりもコミカルさが勝ってしまうような気もする。一度ぜひ全編を英語で読んで確かめてみたいものだ。

I am a CatI am a Cat

I am a cat.

I'm a cat named 'Taikan'.

最近は猫のブログや動画も大流行で、巷にはかわいい猫ちゃんたちがたくさんアップされている。まさに 百花繚乱の“I'm a cat." ワールド。中には犬みたいにお手をする猫もいたりして、日本の猫も変わったなーと思う。猫は自由奔放、勝手気ままが本性なのだけれど、内(うち)猫として屋内に閉じ込められているとそうもいかず、愛玩動物としての行動を強いられているようにも見える。

私の実家では、昔からずっと猫を飼っていた。昔の農家には米蔵があって、ネズミを退治するのに猫はいて当たり前の存在だった。そんな猫たちは半野良。好きな時間に出かけて行って、好きな時間に家に帰ってくる。毎日が自由気ままな日々。縦横無尽に野生を謳歌していたなあ。

ある猫は、捕まえたネズミを夜中家族に見せびらかしに来たり、ある猫は押し入れの布団で5匹も6匹も子を産み落としたり。父の軽トラに乗って遠くに行ったきり、行方不明になってしまった猫もいた。諦めかけた一週間後、国道を渡って帰ってきて、「あらー、帰ってきたのぉ!」なんて、皆で大喜びした日もあった。猫と一緒の暮らしは飽きることなく楽しかった。

3代目ミーは、ある日、隣の養鶏場の庭にまかれていた農薬を食べて死んでしまった。自滅。桶に突っ込んでおぼれて死んでしまった『吾輩は猫である』の主人公と同じだ。自由気ままに生活を楽しんだ末の最後。悲しかったけど、感心した。母の口癖は「賢い猫は決して死ぬところを見せない」だった。私は私、好きなようにいたします、お先に。猫の矜持がそこにある。

Maneki neko from Seto, Aichi.
Buy maneki neko from Seto-shi, Aichi

海外でも人気、招き猫グッズはこちらから↓

Purchase maneki neko from Japan

Video

Monday, November 29, 2021

Kyoto Noren Curtains

Kyoto Noren 京都ののれん

Kyoto is particularly famous for its production of cotton and silk kimono and obi (belts). The centuries of acquired expertise in the fields of design, dyeing, and fabric weaving are also evident in Kyoto's famed noren.

Striking orange noren outside a hotel housed in a traditional machiya.
Striking orange noren outside a hotel housed in a traditional machiya

Perhaps nowhere in Japan are noren curtains as much in evidence as Japan's ancient capital. Nearly every shop of business seems to have a noren curtain outside its entrance. Indeed some businesses such as hairdressers would never have a noren in other Japanese cities. It would be considered far too old-fashioned.

Kimono & Tea Ceremony Maikoya.
Kimono & Tea Ceremony Maikoya

In Kyoto, however, tradition is trendy and even the most contemporary-looking hairdressers or boutique hotel may well have a traditional noren curtain hung outside.

Colors and shapes vary, though plain black and white, in the best traditions of wabi-sabi, seems to predominate. At night, too, white is easily visible.

Even hairdressers in Kyoto may have a noren curtain.
Even hairdressers in Kyoto may have a noren curtain

Here the calligraphy adds interest to the design.
Here the calligraphy adds interest to the design

Simple black and white design.
Simple black and white design

Salon de gigi dog salon
Salon de gigi dog studio

Nazuna, Kyoto.
Nazuna, a traditional Japanese inn, near Nijo Castle

Contact GoodsFromJapan to have your own noren designed and made in Kyoto.
Contact GoodsFromJapan to have your own noren designed and made in Kyoto

Kyoto noren.
Kyoto noren

Venichu
Housing materials company

Goods From Japan sells a variety of noren or we can design and create your own. 

Contact GoodsFromJapan to have your own noren designed and made in Kyoto.

Related

Noren in Tohoku

Ema Votive Plaques

Japanese Craft Stores in Kyoto

Ema votive plaques in Japan.
Ema

© GoodsFromJapan.com